スマホ最適化、企業Webサイトのマルチデバイス対応

2分で分る企業サイトの「スマートフォン対応」

コーポレートサイト(企業Webサイト)をスマートフォン・タブレット・PCのマルチデバイスに対応させる時に気をつけたいポイントをご紹介します。

間違いだらけのスマートフォン対応

地図に切り替わると、操作できなくなる?!

アクセスマップを表示した途端に、画面のスクロールができなくなり、地図の表示自体も位置がずれてしまって、とても面倒な思いをすることがありませんか?
地図に限らず、PCサイトで利用していたプラグインや動画ファイルなど、そのままではスマートフォンで利用できない、視聴できないというケースも少なくありません。
その他にもスマートフォンサイトとPCサイトの切り替えのリダイレクト設定にミスがあり、切り替えたくても切り替えられないケースもあります。
また、PCサイトに比べて機能を削ってしまうと、ユーザーは結局PCサイトの表示に切り替えなくてはならず、離脱の機会を増やす要因になってしまいます。

スクロールできない・・・


ページの表示スピードも重要

また、スマートフォンのマシン性能(主にCPUとメモリ)と、回線のスピードに対する配慮が欠けると、ユーザビリティへの影響が大きくなってしまうことがあります。

主要キャリアのスマートフォン回線の契約条件には、1日の転送量、1か月の転送量に制限があり、料金プランによっては、転送量の上限を迎えて回線が制限されるユーザーもいることを考えなくてはなりません。

極端に遅くなった回線では、サイトが表示できなくなる可能性もあるので、スマートフォンで表示させるコンテンツのデータ量については注意が必要です。
そして、サイトの表示スピードは検索エンジンの順位決定アルゴリズムにも影響を与えることも忘れてはなりません。

データ量については注意!

スマートフォンサイトのユーザビリティの課題とは?

スマートフォンのユーザーインターフェースデザイン

「ボタンが小さいために誤って他の記事や広告をクリックしてしまうことがある」という回答が41%を占めた調査(調査会社リビジェン社の2013年のリリース)によれば、その他にもスマートフォンのユーザーインターフェースに対するユーザー要求が列挙されています。

「画像を拡大して見たいのに、拡大できなくて困ることがある」
「ボタンが小さいため誤って他の記事や広告をクリックしてしまうことがある」
「画像やメニューが大きすぎてスクロールをするのが面倒なときがある」
「文字数が多いものは読んでいて疲れることがある」

PCサイトをスマートフォンで閲覧すると、このほかにも「動画ファイルが再生できない」とか「Flashのコンテンツが表示されない」など、致命的な問題も発生します。

再生できないけど・・・
OKって・・・


特にユーザビリティの対策が重要な「お問い合わせフォーム」

お問い合せフォームは、サイト上において重要な顧客とのコミュニケーション手段です。そして企業にとっては、この問合せフォームを通じて「お客様の生の声」を聞くことこそ企業Webサイトにおける大切なコミュニケーションの目的といえるでしょう。

レイアウトの最適化をはじめ、ミスタップを防ぐインターフェース設計、住所を入力する場合などの入力補助、OSの機能を活用したメニュー選択エラーの返し方など、簡単に見えて奥が深いのがお問い合わせフォームです。

スマートフォンユーザーとソーシャルメディア、その行動パターン

移動中もPCを持ち歩き、情報発信もできる状態

たとえば、スマートフォンのユーザーが店頭で買い物をしているとき、店舗に在庫が無かったら、店員に呼び掛けるよりもスマートフォンで検索するという行動が起こりえます。そして、一連の行動の中で何かの強い印象を抱けば、即座にソーシャルメディアへ投稿されます。
あるいは、スマートフォンでTwitterやFacebookを閲覧中に友人がシェアしたコンテンツに興味をそそられたユーザーは、そのままリンクをタップします。多くの場合、スマートフォンのSNSのアプリ内ブラウザでWebサイトにアクセスすることになります。

スマートフォンユーザーの行動モデル


SNS時代における顧客対応の重要性

昨今は、利用者の口コミによる影響やメディアによる情報の拡散が、SNSの利用によってさらに活発化しています。また、SNSなどの利用者はスマートフォンユーザーが48.9%となっており、顧客対応におけるスマートフォン対策の重要性は増すばかりです。

利用者の発信した情報はインターネットを通じてまたたく間に広がり、その情報は利用者自身が消さない限り残り続けます。商品購入などの意思決定において、こうした利用者から発信される情報は、大切な判断材料の一つとなっています

すでに、この利用者の発信する情報の影響力は無視できない状況になりつつあります。そのため、サイト制作においても利用者を中心とした考え方がより大切になってくるのです。こうした時代背景の中では、いかに顧客に対して適切な対応が行えるのか、その重要性が企業の成長を分かつとも言えるでしょう。

SNSと親和性の高いスマートフォン

スマートフォン対応、マルチデバイス対応に王道なし

ケースバイケースで丁寧に検討する必要がある

スマートフォン対応、PC・タブレット端末を含むマルチデバイス対応には、「これだけやっておけば大丈夫」という王道はありません。レスポンシブWebデザインも、変換サービスもそれぞれの特長があり、万能ではありません。

そのWebサイトのユーザーがどのようなニーズをもってアクセスしてくるのか、使いたい機能はどのようなインターフェースを持つべきなのか?どんなコミュニケーションを実現させるべきなのか?ということを丁寧に分析して、ベストな対応方法を検討する必要があります。

IMAGICAイメージワークスでは、数々の企業Webサイトのリニューアルや、キャンペーンサイト・プロモーションサイトの制作を手掛ける中で積み重ねたノウハウがあります。是非、お気軽にご相談ください。

資料のダウンロードに際して、送信いただく個人情報は以下に定義された目的においてのみ利用させていただきます。
●資料請求やアンケートに対する資料,プレゼントの発送先・連絡先として
●弊社サービスに関する営業・情報提供(電話、電子メール、メールマガジン、送付物による)
プライバシーポリシーをご確認をいただき、その同意を以て上記目的の利用についても同意をいただいたものとみなします。