THEME課題

営業支援に役立てたい

とても相性が良い、
BtoB企業の営業活動 × Webコミュニケーション

Webサイトはビジネスにおける情報収集の手段として、一番初めに選ばれるチャネルです。

特にBtoB企業の営業プロセスにおいては、顧客企業の組織の内部で検討が進んでいく段階に応じてアシストをすることが有効になります。

営業プロセスの課題はコミュニケーション・サービスの問題

課題1
顧客の製品やサービスに対する予備知識が十分ではなく、魅力や価値が伝えきれない
課題2
せっかく展示会やセミナーで獲得したリードも、優先度の分類が難しく営業効率が悪い
課題3
経営層・決裁者にも事業インパクトの大きさや影響を具体的に理解してもらう必要がある

製品の機能や性能で差別化が難しくなってきた業界において、サービスプロセスの品質が勝敗を分ける大きなポイントになります。
サービスプロセスではコミュニケーション能力に依拠するウェイトは大きく、営業担当者をサポートするWebコンテンツや機能が求められています。

戦略に基づくコミュニケーション設計とワークフローの構築

製品やサービスの特性、競合関係、ターゲットと目指すポジションを明確にして戦略を策定します。そして、具体的なコミュニケーションターゲット(人物)を想定し、必要なコンテンツと機能を割出して行きます。

ポイント1
営業効率を悪化させないオンターゲットの集客
ポイント2
訪問者にとって有意義なコンテンツによるリード獲得
ポイント3
フォローからアプローチへのシナリオ設計とPDCAサイクル

弊社では、Webサイトを使ったマーケティングプロセスをBtoB企業の特性に合わせた形で提供し、営業支援に役立てます。

よくあるご質問

パンフレットをサイトに転用することはできますか?

印刷物とWebサイトでは使われ方が異なるため、最適化が必要な場合があります。
パンフレットは一般に配布してもよい内容であれば、PDFファイルをダウンロードできるようにすると、ユーザーにとってはサービス向上につながります。

BtoBの業態でもWebは役に立ちますか?

BtoBのビジネスとWebコミュニケーションは相性のよい組み合わせです。
BtoBの業務課題の解決策検討における情報収集は、圧倒的にインターネット(主に検索エンジン)が優位となっています。
それ以外にも、役立つポイントがあるので、こちらのブログ記事もご参照ください。

リード獲得だけではない、BtoB企業の営業プロセスに活用できるWebサイト