THEME課題

採用活動に活かしたい

採用活動のゴールは「入社するまで」ではなく「きちんと定着するまで」

就職活動をする学生や転職希望者にとって、インターネットは必要不可欠なコミュニケーションチャネルです。

採用媒体や自社の採用サイトを活用することで応募者を集めることができますが、採用すること、そして人材が定着することが一番大事な目的のはずです。

お互いの「良く見せよう」とするコミュニケーション

採用媒体や就職情報サイトには多くの会員=学生・就職希望者がいて、企業もこぞって広告を出しているので、 “ 量は質を生む ” 論理が作用し、「就職活動」と「採用活動」のマッチングのチャネルとしてはとても有効です。
ただし、期間が短い就職 / 採用活動ゆえに双方にミスマッチが生じることも往々にして起こります。
企業側は「いい人」を採用したいし、就職希望者は「いい会社」に入りたいので、媒体広告や面接の中では互いに良く見せようと繕ってしまいがちです。
時々、採用媒体の特集ページのようなトーンで表現された企業の採用サイトを見かけることがありますが、そのコミュニケーションは果たして人材の定着に役立っているのでしょうか。

自社の採用サイトは宣伝媒体ではありません

採用媒体の中では見つけてもらわないことには始まらないので、目立つ必要もあるし宣伝的な表現になることは必然性があります。
しかし、自社のサイトまで訪れたユーザーが知りたいのは「リアル」な組織の文化や価値観です。
そのためには、等身大の先輩社員インタビューや、統計情報(男女比・年齢構成・労働時間など)といった事実をベースにコンテンツを構成していくほうが、長い目で見たときには有効なコミュニケーションになるでしょう。

キャリア採用にも有効なWebサイトのコンテンツ

新卒採用だけでなく、キャリア採用にとっても企業のWebサイトは重要な役割を果たしています。
特に同じ業界の中での転職を検討しているユーザーは、採用サイトのコンテンツより、コーポレートサイト内の取引実績・事業内容・理念やアイデンティティを示すコンテンツの方がより「リアル」に近いことを経験的に知っています。
もちろん、それらのページにユーザーがいつでもアクセスできるよう、スマートフォン対応は不可欠です。

よくあるご質問

採用向けメディア(○○ナビ)と自社採用サイトそれぞれの使い分け(自社サイトの必要性)がわからないのですが?

学生を集めるための認知や母数形成のために採用情報メディアは欠かせません。
その一方、応募を検討している学生は採用媒体だけでなく企業のサイトまでくまなく調べて比較検討します。
学生にも理解できるように編集されたコンテンツが用意されていることは、モチベーション形成段階において大きな影響を与えることになります。

今どきっぽさ、新しさを感じる先進的なサイトにしたほうがいいですか?

貴社の社風・文化にマッチしていればそのようにした方がいい場合もありますが、現在のトレンドや流行に無理やり合わせる必要はありません。

応募者に伝えられるような企業の魅力がないのですが、、、。(応募者が重視すること、知りたいことがわからない!)

ユーザーの目線で見てみると見つかることがあります。
また取材や調査の結果、切り口が見つかることもあります。