SOLUTIONソリューション

コーポレートブランディング(CIコンテンツ制作、周年事業サイト)

ユーザー中心のメディアであるWebに適したコーポレートブランディングとは?

企業ロゴや会社案内のパンフレットなど、印刷物を主体としたブランディング設計をそのままWebコミュニケーションに転用している企業も多いと思います。

しかし、ユーザーが自由に操作・閲覧できるWebにおいては、設計の方針を転換する必要があります。

コンテクストをつくるためのアイテム

Webコミュニケーションを通じてユーザーの中に企業ブランドのイメージを構築していくために、企業がWebサイトの中に持つべきコンテンツには以下のものが挙げられます。

CIコンテンツ
社名の由来や、沿革、ロゴに込められた意味や、コーポレートステートメント、理念・ビジョン・ミッションなど。
周年事業コンテンツ
5~10年のスパンでめぐってくる周年事業に合わせて、Web上でもコミュニケーションを図るためのコンテンツ。
CSRコンテンツ
持続可能な社会に貢献するために、自社ができること・実行していることを表現するコンテンツ。

事実が一番大事

インターネットの世界には玉石混交の情報があふれていますが、組織的な虚偽や隠蔽はすぐ見抜かれてしまいます。
そんな環境の中、ブランディングを形作る上で一番大切な要素は「事実をベースとしていること」、「透明性が担保されていること」です。

よくあるご質問

今どきっぽさ、新しさを感じる先進的なサイトにしたほうがいいですか?

貴社の社風・文化にマッチしていればそのようにした方がいい場合もありますが、現在のトレンドや流行に無理やり合わせる必要はありません。

サイト制作にかかる期間はどれくらいですか?

一般的なコーポレートサイトリニューアルの場合、企画段階で2~3ヶ月、設計に2~3ヶ月、実装はページボリュームによって2~5ヶ月、テスト・デバッグ・UATで1~2ヶ月程度の期間がかかります。
プロジェクトの立ち上げから公開まで、トータルで7ヶ月~1年程度とお考えください。

Webサイト制作以外に印刷物、映像などの制作は可能ですか?

可能です。
映像や印刷物以外にもスマホアプリ・イラスト・CG・アニメーションなど、デジタルコンテンツであれば大抵のものは制作できます。

ブランディングというと派手なイメージですが、BtoB企業なのでユーザーに響く自社のウリが何かわかりません。

広告的な表現やアプローチだけがブランディングとは限りません。
BtoB企業に適した、企業の文化や風土にあったブランドコミュニケーションをご提案いたします。