SOLUTIONソリューション

コンテンツ企画・構成・制作

Webサイトのコンテンツが、訪問してきたユーザーのニーズを満たした時に初めて、コミュニケーションとしての価値が生まれます

「コンテンツ」の意味を(翻訳的に)調べてみると「内容としてのテキストや画像・動画ファイル」となり、何となくわかったような気にもなります。

一方、「コンテンツって何のために必要なの?」と聞けば、ユーザーの視点に立って考える入り口に立つことができます。

正しい道筋で作られたコンテンツは、Webサイトにおけるコミュニケーションを意味のあるもの、価値のあるものにします。

価値ある体験を作るカギはコンテクスト(文脈)にあり

Webでは、ユーザーは検索エンジンやリンク元のサイト、あるいはメールに記載されたURLのリンクなどからアクセスしてきますが、一つのコンテンツにたどり着くとき、すでにユーザーはそれぞれの「コンテクスト=文脈」を持っています。
そのため、Webサイトのコンテンツ作りではコンテクストを意識して、前後関係や依存関係を意識しながら複合的に構成していく必要があります。
ページ単体・ファイル単体で完結するコミュニケーションもありますが、Webだからこそ実現できる「リンクを辿っていく」体験はユーザーにとって印象深く、価値のあるものとして作用します。

「コンテンツ・イズ・キング」

自社製品のUSP(Unique Selling Proposition / Unique Selling Position)やサービスの特長をアピールしても、お客様にとってのベネフィットとマッチしていなければ独り言になってしまいます。
当社では、ユーザーの視点に立ったコンテンツの企画・構成・制作により、「コンテンツ・イズ・キング=Webサイトの王」としてのコンテンツ制作をサポートします。

よくあるご質問

Webサイト制作以外に印刷物、映像などの制作は可能ですか?

可能です。
映像や印刷物以外にもスマホアプリ・イラスト・CG・アニメーションなど、デジタルコンテンツであれば大抵のものは制作できます。

パンフレットをサイトに転用することはできますか?

印刷物とWebサイトでは使われ方が異なるため、最適化が必要な場合があります。
パンフレットは一般に配布してもよい内容であれば、PDFファイルをダウンロードできるようにしておくと、ユーザーにとってはサービス向上につながります。

写真撮影、原稿、キャッチコピー等の素材提供が難しい場合、対応いただけますか?

はい、コンテンツ制作に必要な素材の制作・提供については幅広く対応できます。
ライターやカメラマンといった外部スタッフとの豊富なコネクションを活かすこともできます。