映像制作の可能性を広げる、3DCG制作の新しいワークフロー "CITRON"(シトロン)を提供開始

株式会社IMAGICAイメージワークス(本社:東京都品川区、代表取締役社⻑:杉尾 壮弘)は、2015年12月25日より3DCG制作の新しいワークフロー "CITRON" の提供を開始しました。

“CITRON” の 3DCG 制作ワークフローは、”まるで実写撮影を行うかのように、ワンショットで可能な限りの制作工程をまとめて収録する" というコンセプトに基づいており、3DCG制作における ”収録” の概念を新たにする画期的なワークフローです。

これまでのワークフローは、スタジオ収録で Motion Capture によるデータ収録のみが行われることが大半でした。しかし ”CITRON” では、その場でレイアウト、カメラワーク、ライト設定、エフェクト処理などをリアルタイムレンダリングで描画しながらの収録を実現しました。これにより、最終的な仕上がりに近いビジュアルを確認しながら、3DCG 制作に必要とされる素材をリアルタイムで収録することが可能となります。

従来の手法と比べて大きな効率化を図ることができ、物量、コスト、クオリティの3つの側面において大幅な改善を図ることができる、新しいスタイルのワークフローです。是非ご活用ください。

citron.jpg


CITRON
www.imagica-imageworks.co.jp/citron/