日本科学未来館 企画展 「 『科学で体験するマンガ展』〜時を超える夢のヒーロー〜」 インタラクティブな映像コンテンツ制作 

mangaten.jpg


株式会社IMAGICAイメージワークス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:中村 昌志)は、お台場・日本科学未来館にて開催されている企画展「『科学で体験するマンガ展』~時を超える夢のヒーロー~」において、インタラクティブな映像コンテンツを制作しました。


本展では時代を超えて人気のある5つのマンガ、「怪物くん」「サイボーグ009」「鉄腕アトム」「ドラえもん」「ひみつのアッコちゃん」(作品50音順)をフィーチャー。来館者は各作品のヒーロー・ヒロインの能力を、現在の科学技術によって体験できます。


展示【鉄腕アトム誕生】では、立体に映像を投影する「プロジェクションマッピング技術」を採用。アトムの内部機械構造や誕生の過程を臨場感ある映像で展開します。展示【ドラえもん コエカタマリン!】では、来場者のセリフが、「音声認識技術」によって映像シグナルへと変換されます。スクリーン上のドラえもんに、言葉の「カタマリ」を投げかけることができます。
その他KinectTM(キネクト)を使ったモーションキャプチャ技術・AR映像技術・画像解析・音声解析などの科学技術を、親しみやすいマンガの映像を通じて楽しめるコンテンツとして制作しました。


■概要
企画展『科学で体験するマンガ展』~時を超える夢のヒーロー~
Client:日本科学未来館
Agency:株式会社アサツー ディ・ケイ
Works:企画展のコンテンツ制作
公式HP http://www.kagaku-manga-ten.jp/

ニュース記事一覧