プロジェクト計画
2016年9月28日

Webサイトのリニューアルプロジェクトを立ち上げる前に読んでおきたい記事5選

自社サイトのリニューアル話がいよいよ現実になり始め、プロジェクト立ち上げの段階ともなると社内の取りまとめからオリエン・コンペの準備まで押し寄せる波のごとくタスクが降りかかってきます。

整理がつかないままに手当たり次第に始めてもうまくはいきません。

そんな時に手助けになるよう、プロジェクトが立ち上がる前に読んでおくと役立つ記事をまとめました。
前回のまとめ記事とあわせてお読みください!

まずRFI(情報提供依頼)から始めよう!

Webサイトのリニューアルというと社内で稟議を通すための企画やオリエンやコンペ開催のための資料(RFP:提案依頼書)が必要となります。

そうはいっても資料も下調べもなしに説得力のある企画やRFPを作成することはできません。

資料集めにぜひオススメしたいのが「RFI(情報提供依頼)」。

付き合いのある制作会社やコンペに参加してほしい企業に対して、制作実績や事例についての「手持ちの」情報を提供してもらう手続きです。

施策から予算規模までプロジェクトの参考となる資料を複数集めることができ、制作会社にとっても見積もりや資料を作成せずに済むというメリットもあります。

関連記事:
【来期予算獲得の秋】:RFI(情報提供依頼)という手法のススメ

関連資料:
RFI(情報提供依頼)テンプレート

社内で「通す」ためのリニューアル企画とは?

社内で稟議を通すためにリニューアル企画的な資料を作成しなければいけないケースもあると思います。

" 社内で「通す」 "ためにはリニューアルに値する合理的な理由が必要です。 その理由へと導く方法として、このブログではいかに現状のサイトが理想(あるべき姿)から乖離しているかを提示して説得する方法を紹介しています。

RFIで収集した情報に加え、インターネットやWebを取り巻く一般的な状況やライバル企業の施策などのデータを取りまとめ、これらの概況に対して自社の課題を照らし合わせて最も根源的な課題の解決をリニューアルの目的とします。

関連記事:
自社の課題を把握する:Webリニューアル企画の勘どころ(1)
リニューアルの目的をとらえる:Webリニューアル企画の勘どころ(2)

関連資料:
Webリニューアル企画書

いよいよオリエンシートやRFP作成、でもその前に...

社内で企画が通ったらいよいよ制作会社の選定です。

付き合いのある会社など、依頼先が決まっているケースもあればオリエンやコンペを開催して制作会社を決定することもあると思いますが、どちらにしてもオリエンシートやRFP(提案依頼書)といった形で制作会社に向けた資料をまとめる必要があります。

精度の高い見積もりやスケジュール算出のためには、リニューアルの目的に加えて正確な状況把握が不可欠です。
そのためにお試しいただきたい手続きが「Webサイトの基礎調査」です。

関連記事:
オリエンシートやRFP(提案依頼書)作成を前に、基礎調査という「パラダイムシフト」のご提案

関連資料:
Web担当者必見!オリエンシートの作り方

RFP制作も制作会社に協力してもらった方が効率的?!

ここまで苦労して様々な情報や資料を集めても、やっぱりRFPの作成は難しいものです。

調査で収集したデータは専門的でそれ相応の知識が必要ですし、スコープや予算・スケジュールの算出も概算でその精度はあやふやなものです。

どうしてもコンペを実施しなければならないケースを除いて、RFP作成から制作会社に手伝ってもらった方が結果的には効率的で精度の高いRFPが出来上がります。

もちろん、わたしたちIMAGICAイメージワークスでもRFP作成のお手伝いをいたします!

関連記事:
RFPの作成は難しい、だからRFIから始めよう!

関連資料:
オリエンシート(RFP)のテンプレート

Getting Betterとは

企業の忙しいWeb担当者(Webマスター)の方のために、コーポレートサイトやオウンドメディアの運営に欠かせない情報やトレンド・ノウハウを解説するブログです。

日々のサイト運営のご参考になれば幸いです。

IMAGICAイメージワークスのWeb制作サービスについてはこちら
https://www.imagica-imageworks.co.jp/web/

Webも映像もグラフィックも。

IMAGICA IMAGEWORKS

Facebook

トップへ